時空を超える「これすき」

アイマス中心に、とにかく好きなものを好きということをメインとしたブログ。 Twitter → @hatenakiniwaka

未央担当でりあむ担当の自分、マジで困惑してる中でできた文章

 

 まず大前提として、今からするのは中間3位の夢見りあむと1位の本田未央がシンデレラガールになったらどうなるかという話だけど、これはほかの子がシンデレラガールになる可能性を否定するものではないということ。


 ただ、どうしても担当としてその2人を特別に思ってしまうかもしれない自分が、あり得るかもしれない未(央)来をちょっとだけ夢見(りあむ)てみるブログになります。うまくないか。笑う。

 

 

 

 改めましてこんにちは。ネクサス系統といいます。アイドルマスターを広く浅く沼って生きています。総選挙とライブが2つもかぶるのが悩みです。SideM4thは両日現地だから俺と名刺交換してくれよ!


 シンデレラガールズはたくさん担当がいて、メインは多田李衣菜かなあって感じだけど、こと総選挙に関してはちょっと違う思惑で頑張ってます。

 

 さて、お話はシンデレラガールズの総選挙のお話。中間発表が来ましたね。


 いろいろと思うところはあったけど、個人的にやっぱデカかったのは未央とりあむ。とにかくこの2人は、自分にとっていろいろ特別な子だったりする(あこんな感じの自分か足りしかしないよ!)。

 

 そもそも今自分はブログに文章を乗っけてるわけなんだけど、このブログを始めたのは未央がきっかけだったりする。自分がTwitterでオタク垢を作って初めて迎えることになった総選挙が第7回。その選挙にあたって、自分が未央を好きになったきっかけであるデレアニの解説文を作ろうと思いまして。(過去記事も読んでみてもらえると嬉しい)


 そもそも自分は第6回から割とずっと未央ぶっぱしていたので、逆に言えば2年連続で悔しい思いをしてきたというところがある。何とかしたい、という思いは今も強い。


 未央というのはサービス初期から実装されてるシンデレラガールズの看板娘というべき子で、彼女自身の歴史はシンデレラガールズ全体の歴史と重なるところも大きい。出だしこそ長らく大変な時期もあったらしいが、CDデビューを経て多くの舞台で輝こうと努力してきた。


 そんな彼女に対し、Pたちはたくさんの想いを背負っている。「本田未央をシンデレラガールにしたい」というのは、目的は同じでも、その結論に至るまでの過程は様々だ。自分は[オンリーマイスター]というカードの思い出エピソードが理由だったりするけど(これも昔ブログで書いたりもした)、きっかけは彼女にかかわりのあるアイドルがきっかけなこともあるし、あるいは人から聞いた思いがきっかけだったりもする。


 彼女が積み重ねてきた過程を見てきた人たちの思いが1つの場所に行く道筋を描き出した。


 軌跡から導き出された道。それが、未央が今歩んでいる道だ。

 

 じゃあ、次は夢見りあむの話をしたいと思う。


 りあむに関してはモバの実装当初にビビっときた子で、実装45分くらいでディスコードのサーバーを作った記憶がある(りあむ鯖管理人してまーす)。


 まあいろいろ話題性の大きな子であったからのんびり追っていけたらいいのかと思っていたけど、そうも言ってられなくなった。中間3位ってなんだよ。


 りあむには、まだ何もない。そもそも実装されて数か月。メンタル的に弱く、現状への鬱屈さと、その状況を打開することへの困難さの二律背反の中で悶え苦しんでいる女の子。まだ何を為すまでもなく、ただただ、もがいているだけ(この辺の話は自分のTwitterの固定ツイートにあるから読んでもらえると嬉しい)。


 そんな彼女がなぜここにいるのかといえば、彼女は空気感を味方にしている。


 彼女にはなにもない。が。何もないが故に、背負わされているものがある。例えばその対象になるものは、純粋な見た目の良さだったり、滅茶苦茶な言動への面白さにだったり、マイナス方面を隠そうとしないところだったり。


 あるいは、もっとメタ的な期待を背負うこともある。


 新規が1位になったら笑えるだろとか、「こんなやつ」が1位になってしまえばいいとか、あんまり詳しくは言わないけど、真っ当化といわれるとちょっと怪しい期待を背負うこともまああったりなかったりする。


 そういう、個々人の思うがままの感情が、まだまだ何もないりあむの隙間に入り込み、無限に膨れ上がって出来上がったのが今の結果だ(もちろん、純粋に応援している人がいることがりあむ鯖などにも含め多数いるのは確かです)。


 未央が、というよりは、今まで何度も参加してきたアイドルが、積み上げていた思いを重い、確かなものとして積み上げることで今の位置にたどり着いた(もちろん、様々な外部要因はある)。


 そういう意味で、りあむが背負う思いは大多数のとても不安定な重さの想いだ。それは、拭けば飛ぶほど軽い興味かもしれないし、マグマみたいにドロドロした思いなのかもしれないし、はたまた外野から投げ込まれた危険球なのかもしれない。


 言ってしまえば「嵐」だ。吹いた瞬間は何よりも激しく、過ぎ去った後のことなんて何も考えてないから(ていうか考える人、陣営がいないから)起きてる現象。


 いわば、歴史(これは未央に限らずほかのアイドルすべてだが)VS話題性である。そして両方俺の担当である。いやこれどうしろと?

 

 そんなこんなで自分は今頭が痛い。しんどい。助けて。


 いやまあやることは変わらないんだが。未央に残りの投票権は全部ぶん投げる。それはガチ。


 正直、未央を1位にするために3年足搔いてるし、今更後に引けない。てかぶれるわけない。


 りあむが突き進む先には興味はある。もしこいつが声が付いたら絡むメンツが絶対面白いし、1位になったりしたら、「アイドルとして何もしてないのにシンデレラガールになるザコメンタルの女」が誕生する。メタと2次元の究極のずれが、意味不明な歪みを持ったアイドルが誕生する。


 でもそんなのは夢でいい。自分は夢見りあむを消費させたくはないのだ。


 夢見りあむはアイドルとしてのスタートラインに立つ前に、お祭り騒ぎだけでここにいる。今はまあ、楽しんでくれるのかもしれないけど、その熱がどこまで続くのかちょっとわかんない。飽きたらポイっとされそうで怖いんだよね。どう考えても「これから」の女の子なのに。


 分かる人にわかるように言えば、りあむを五条勝扱いはさせないよっていう話なので、まあ今後は彼女自身の周知を頑張りたいよ、と。

 

 自分用に文章をまとめようと思ったらわけわかんなくなってしまった。
 とりあえず言いたいのは俺の担当のどっちかが勝つとは思ってない。2位の加蓮をはじめ、多くのアイドルがめくり返してくることもあるだろう。


 担当の話だけをしておくと、まず本田未央は積み上げてきたいろいろがあって、いろんな人の想いを受けてあそこにいるよってこと。


 だから、票をくれとまでは言わないけど、なんでそんな風に思われてるのかな、みたいなことをほんの少しでも気にしてくれると嬉しい。


 そして、りあむに関しては、彼女を消費しないで上げてほしい。別に今回投票するにしてもしないにしてもどっちでもいいけど、たまにでいいから、炎上とか、やむとか、見た目の強いワード以外の彼女も見てほしい……なと。「目立ちたい、必要とされたいだけであって、炎上自体はおっかない」みたいなところも、少しでいいから大切にしてほしい、かな。

 

 まあここまで全部便所の落書きみたいなもんなんで、あんまり気にしないでください。

 

 不快になられたら、ごめんなさい。


 それでは。最後まで読んでいただきありがとうございました。